「言ってはいけない残酷すぎる真実」橘玲著

公開日:  更新日:

「世の中は機会均等で平等で、努力さえすれば報われる」と教えられてきた学校教育がいかにキレイ事であったかを脳科学や遺伝の研究結果から明らかにした本。例えば、美貌を5段階評価して平均を3点とした場合、平均より上と評価された女性は平均より8%収入が多く、平均以下だと4%収入が少ないという研究がある。大卒サラリーマンの生涯賃金で考えると美人は生涯2400万円得し、ブスは1200万円損をする。美貌格差の総額は3600万円と新築の一戸建て1軒分くらいの差が出るという。世の中にあふれるキレイ事は言ってはいけない真実を覆い隠すためではないか。それを気づかせてくれる一冊。

(新潮新書 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  6. 6

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  7. 7

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  8. 8

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  9. 9

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  10. 10

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

もっと見る