「言ってはいけない残酷すぎる真実」橘玲著

公開日: 更新日:

「世の中は機会均等で平等で、努力さえすれば報われる」と教えられてきた学校教育がいかにキレイ事であったかを脳科学や遺伝の研究結果から明らかにした本。例えば、美貌を5段階評価して平均を3点とした場合、平均より上と評価された女性は平均より8%収入が多く、平均以下だと4%収入が少ないという研究がある。大卒サラリーマンの生涯賃金で考えると美人は生涯2400万円得し、ブスは1200万円損をする。美貌格差の総額は3600万円と新築の一戸建て1軒分くらいの差が出るという。世の中にあふれるキレイ事は言ってはいけない真実を覆い隠すためではないか。それを気づかせてくれる一冊。

(新潮新書 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  2. 2

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  8. 8

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    「ナギサさん」大森南朋が可愛すぎる家政夫にハマったワケ

もっと見る