• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「雑賀の女鉄砲撃ち」佐藤恵秋著

「こんな兵法、見たことがない」と感嘆の声を上げたのは、紀州雑賀衆の重鎮、太田左近宗正の長女・鶴だった。

 鶴と次女の梟、三女の小雀、そして四女の蛍は鉄砲撃ちの家系に生まれ育ち、幼いころから鉄砲に魅せられていて、織田信長が鉄砲3000丁を揃えて武田騎馬隊を迎え撃つと聞いて、居ても立ってもいられなくなり、父に無断で、戦場を見下ろす茶臼山に潜り込んだ。

 そして、天下最強といわれた武田騎馬隊が壊滅するさまを目の当たりにした蛍は、その後、「3人組撃ち」と呼ばれる分業速射術を編み出すのだった。

 戦国を駆け抜けた女鉄砲撃ち4姉妹の活躍を描く冒険活劇。全編で展開される鉄砲撃ちたちの決闘シーンは必読だ。(徳間書店 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る