「自己責任社会の歩き方」雨宮処凜著

公開日: 更新日:

 障害者施設の元職員が「障害者は不幸をつくることしかできない」と、19人の障害者を殺害する事件が起きた。実はこの国の多くの人が、「役に立たないと生きてちゃいけない」と思わされていると、著者は指摘する。 東大を卒業して電通に就職した女性でさえ、過労で自殺に追い込まれた。常に120%以上の力で仕事をしなければ「要らない」と言われるのではないかとみんな恐れていて、自分は「守られていない」と感じている。ここに「貧困バッシング」が生まれる下地がある。では、ホームレス支援をしている人が貧困バッシングの罠にはまらないのはどうしてなのか。

 生きるに値する世界をつくる道を探る。(七つ森書館 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  2. 2

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  3. 3

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  4. 4

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  5. 5

    白井貴子さん モントリオール金から30年、難民支援を継続

  6. 6

    坂本と大城はどこで感染?巨人コロナ「微陽性」6つの疑問

  7. 7

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  8. 8

    出会いから5年 ついに百恵&友和の決定的な写真が撮られた

  9. 9

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  10. 10

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

もっと見る