「自己責任社会の歩き方」雨宮処凜著

公開日: 更新日:

 障害者施設の元職員が「障害者は不幸をつくることしかできない」と、19人の障害者を殺害する事件が起きた。実はこの国の多くの人が、「役に立たないと生きてちゃいけない」と思わされていると、著者は指摘する。 東大を卒業して電通に就職した女性でさえ、過労で自殺に追い込まれた。常に120%以上の力で仕事をしなければ「要らない」と言われるのではないかとみんな恐れていて、自分は「守られていない」と感じている。ここに「貧困バッシング」が生まれる下地がある。では、ホームレス支援をしている人が貧困バッシングの罠にはまらないのはどうしてなのか。

 生きるに値する世界をつくる道を探る。(七つ森書館 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  2. 2

    川栄李奈が32歳の俳優と“授かり婚”で…今後の女優人生は?

  3. 3

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  4. 4

    防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態

  5. 5

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  6. 6

    立憲が参院東京選挙区で大バクチ 強気“2人擁立”は吉か凶か

  7. 7

    安倍政権が企む“年金改悪”のゴールは「80歳」での支給開始

  8. 8

    流出した細川ふみえのキャバ嬢時代写真を巡って直談判に

  9. 9

    85%が老後に腐心…50代から2000万円貯める40代の資金計画

  10. 10

    米国のファーウェイ潰し、かつて日本も同じ目に遭った

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る