「小泉進次郎と福田達夫」田﨑史郎著

公開日: 更新日:

 共に首相経験者を父親に持つ自民党のニューリーダー2人による対談集。

 2人とも親から政治家を継ぐように言われたことはないという。小泉氏は大学生のときに手伝った総裁選の街頭演説で、国民の声が政治を動かすことを実感。一方、商社マンだった福田氏は首相秘書官として父親を支える中で、新しい「国民と政治の関係」を自らの選挙区から広げていくことができると確信できた上で立候補を決めたと話す。そんな政治家としての原点から、世襲を批判されて逆風のなか戦った初めての選挙の思い出や、間近で垣間見た首相という役職の重さ、そして2人が力を合わせ取り組んだ全農改革の内幕、さらに農業の未来まで。

 次代を担う覚悟がにじみ出る本音トークにファンならずとも魅せられる。

(文藝春秋 890円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  4. 4

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  5. 5

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  9. 9

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る