「抗生物質と人間」山本太郎著

公開日:  更新日:

 抗生物質によって人の平均寿命は飛躍的に延びた。しかし、近年は抗菌薬耐性細菌が原因での死亡が増え続け、2050年には毎年1000万人になるといわれている。最新の科学的知見をもとに、そんな抗生物質の過剰使用が人類にもたらす影響を解説したテキスト。

 抗生物質の誕生から耐性菌出現までの経緯を紹介。その上で過去半世紀に急増した糖尿病や肥満、食物アレルギー、喘息、花粉症などの疾病の背後に、抗生物質が引き起こした人の体内に共生する細菌叢のかく乱があることを明らかにする。ヒトの常在細菌が行う生命活動「ヒト・マイクロバイオーム」と抗生物質の関係などから、「ポスト抗生物質時代」の人間と細菌の共生を考える警世の書。

(岩波書店 760円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  6. 6

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  7. 7

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る