「ここがおかしい小林節が壊憲政治を斬る!」小林節著

公開日:

 自民党の憲法改悪を阻止しようと活動する憲法学者による警世の書。

 自民党が2012年に公表した憲法の改正草案は、実質的に「大日本帝国憲法」の復活に等しいと指摘。その最大の問題点は、憲法の意味、定義、役割を変えてしまったことだという。現行憲法では、主権者国民の最高意思としての憲法が政治家以下の公務員を縛ることになっている。これが世界の常識だが、自民党草案では、現権力者が憲法から自由になり、その権力者が憲法を使って国民を管理。これでは権力者による主権の簒奪だと警告する。その他、草案の随所にみられる「壊憲」の実際を解説する一方で、森友・加計問題などを起こした安倍政権の行状を徹底的に斬る。

(七つ森書館 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

  9. 9

    手当削減で高給に陰り…セールスポイント失った銀行の惨状

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る