「ここがおかしい小林節が壊憲政治を斬る!」小林節著

公開日: 更新日:

 自民党の憲法改悪を阻止しようと活動する憲法学者による警世の書。

 自民党が2012年に公表した憲法の改正草案は、実質的に「大日本帝国憲法」の復活に等しいと指摘。その最大の問題点は、憲法の意味、定義、役割を変えてしまったことだという。現行憲法では、主権者国民の最高意思としての憲法が政治家以下の公務員を縛ることになっている。これが世界の常識だが、自民党草案では、現権力者が憲法から自由になり、その権力者が憲法を使って国民を管理。これでは権力者による主権の簒奪だと警告する。その他、草案の随所にみられる「壊憲」の実際を解説する一方で、森友・加計問題などを起こした安倍政権の行状を徹底的に斬る。

(七つ森書館 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    反乱なのか 安倍首相“側近議員”がアベノミクスの成果否定

  3. 3

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  4. 4

    「安倍さんは信用できない」拉致被害者家族の悲痛な叫び

  5. 5

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  6. 6

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  7. 7

    民間会社員と年金額で差 公務員はなぜ恵まれているのか?

  8. 8

    トヨタはモデル平均21万円 大企業の「企業年金」いくら?

  9. 9

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  10. 10

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る