「鴎外の恋 舞姫エリスの真実」六草いちか著

公開日: 更新日:

 文豪・森鴎外が留学中の体験をもとに執筆した処女作「舞姫」。その物語の舞台となったベルリン在住の著者が、ヒロイン・エリスのモデルといわれる女性の実像に迫るノンフィクション。

 著者は、偶然出会ったドイツ人のM氏から、オーガイという軍医の恋人は「僕のおばあちゃんの踊りの先生だった人だ」と打ち明けられ興味を抱く。モデルとなったエリーゼは、帰国した鴎外の後を追って1888年に来日。鴎外の妹の回顧録には「路頭の花」(=娼婦)なる記述があり、研究者の間でも娼婦説が流布していた。著者は舞姫の描写と当時のベルリンの状況を重ね合わせながら、2人の出会いの場となった教会などを特定。

 一方で、M氏の家系を調べるなど、丹念にエリーゼの実像を明らかにしていく。

(河出書房新社 1250円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  5. 5

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  6. 6

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  7. 7

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  8. 8

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  9. 9

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る