「文豪たちの怪談ライブ」東雅夫編著

公開日: 更新日:

 時代の変わり目には怪談が流行し、明治末から昭和初期にかけても、「百物語」などの催しが盛んに行われた。その中心にいたのが文化人で、中でも泉鏡花は無類の「おばけずき」で知られていた。本書は、鏡花と彼を取り巻く文人墨客たちの「おばけ」を通じた交流と、彼らが夢中になった怪談と怪談会の模様をつづる評論+アンソロジー。

 鏡花の師・尾崎紅葉は、怪談には理解を示さなかったが、一度だけ自らが体験した不思議話を披露したことがあったという。それは13、14歳の頃、留守番中に台所のかまどの角の落書きのカニのような小さなかけめが、陽炎に乗るように動いたというものだった。

 他にも鏡花を中心に、紅葉が主催した「硯友社」の面々が語る怪談など、文豪たちの怪談実話を多数収録。

(筑摩書房 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2

    「赤い公園」津野米咲さんが29歳で急死 SMAPにも楽曲提供

  3. 3

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

  4. 4

    村山由佳「風は西から」にはワタミの真実が描かれている

  5. 5

    何が「未来志向」だ! 学術会議が菅政権に下す反撃の一手

  6. 6

    ラミ監督はクビ同然…DeNAは“ハマの番長”で巨人に勝てるか

  7. 7

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  8. 8

    中野雅至氏 菅政権の小さな政府路線と1億総ゴマカシの限界

  9. 9

    石原さとみ東大卒夫は年収5000万円!商売と夫婦円満に重要

  10. 10

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

もっと見る

人気キーワード