「文豪たちの怪談ライブ」東雅夫編著

公開日: 更新日:

 時代の変わり目には怪談が流行し、明治末から昭和初期にかけても、「百物語」などの催しが盛んに行われた。その中心にいたのが文化人で、中でも泉鏡花は無類の「おばけずき」で知られていた。本書は、鏡花と彼を取り巻く文人墨客たちの「おばけ」を通じた交流と、彼らが夢中になった怪談と怪談会の模様をつづる評論+アンソロジー。

 鏡花の師・尾崎紅葉は、怪談には理解を示さなかったが、一度だけ自らが体験した不思議話を披露したことがあったという。それは13、14歳の頃、留守番中に台所のかまどの角の落書きのカニのような小さなかけめが、陽炎に乗るように動いたというものだった。

 他にも鏡花を中心に、紅葉が主催した「硯友社」の面々が語る怪談など、文豪たちの怪談実話を多数収録。

(筑摩書房 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  2. 2

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  3. 3

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  4. 4

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  5. 5

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    「紅白」紅組司会は綾瀬はるか…“本命”広瀬すず落選のナゼ

  8. 8

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  9. 9

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  10. 10

    ジョセフHCは続投前向きも 日本8強入りで“三つ巴”争奪戦に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る