「リベラルの敵はリベラルにあり」倉持麟太郎著

公開日: 更新日:

 弁護士の著者は2015年、安倍政権下の安保法制の審議に関わった際に、憲法に象徴されるリベラルな価値への確信を心に秘めて論戦に臨んだ。だが、その思いはあっさりと砕け散った。その体験から「リベラルの敵はリベラルにある」との確信に至ったという。

 なぜなら、リベラルはその初期設定において「合理的で強い」個人を前提にするが、生身の人間は時に不合理な選択もする、説明のつかないはかなさや弱さを内包した存在である。さらにリベラルは自陣のロジックの正しさを、そのロジックが唯一絶対の正解であるかのごとく「上から目線」で語り続けるばかりで、生活者には届かない。

 政治を乗りこなすための羅針盤として、風前のともしびのリベラルな価値観を再生するための論考。

(筑摩書房 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  7. 7

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  8. 8

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  9. 9

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  10. 10

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

もっと見る

人気キーワード