「リベラリズムの終わり」萱野稔人著

公開日: 更新日:

 近年、個人の自由を尊重する社会の傾向はより高まる一方で、リベラル(個人の自由を尊重する立場の人たち)への風当たりは強くなっている。本書は、現代社会が直面するリベラリズムの限界について考察した政治哲学入門書。

 リベラリズムは、大きく2つに分けられる。2015年、米国で同性カップルの結婚する権利を認めた連邦最高裁の判決を見て、一夫多妻を認めるよう訴えた男性が現れた。同性カップル婚は認められ、なぜ一夫多妻婚は認められないかを論じながら古典的リベラリズムの限界を論じていく。

 さらにリベラル派への批判の高まりと社会の右傾化の関係を論じながら現代版リベラリズムについても考察するなど、リベラリズムが適用できない現代社会の実情を論じていく。

 (幻冬舎 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  2. 2

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  3. 3

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  4. 4

    黒島結菜が22年NHK朝ドラ主演 ラブコメに起用されない理由

  5. 5

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  6. 6

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  7. 7

    「天国と地獄」高視聴率の裏に高橋一生“しなやかマッチョ”

  8. 8

    3.25聖火リレーに大逆風…スタートの福島は感染状況が深刻

  9. 9

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

  10. 10

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

もっと見る

人気キーワード