「リベラリズムの終わり」萱野稔人著

公開日: 更新日:

 近年、個人の自由を尊重する社会の傾向はより高まる一方で、リベラル(個人の自由を尊重する立場の人たち)への風当たりは強くなっている。本書は、現代社会が直面するリベラリズムの限界について考察した政治哲学入門書。

 リベラリズムは、大きく2つに分けられる。2015年、米国で同性カップルの結婚する権利を認めた連邦最高裁の判決を見て、一夫多妻を認めるよう訴えた男性が現れた。同性カップル婚は認められ、なぜ一夫多妻婚は認められないかを論じながら古典的リベラリズムの限界を論じていく。

 さらにリベラル派への批判の高まりと社会の右傾化の関係を論じながら現代版リベラリズムについても考察するなど、リベラリズムが適用できない現代社会の実情を論じていく。

 (幻冬舎 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  5. 5

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  6. 6

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  7. 7

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  8. 8

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  9. 9

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  10. 10

    専門家より米政府優先 水際対策は政治的ポーズでしかない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る