「香港雨傘運動と市民的不服従」周保松、倉田徹、石井知章著

公開日: 更新日:

 いま世界中のテレビニュース(ただし中国以外)で大々的な注目を集めるのが香港問題。直接のきっかけは「逃亡犯条例」への反対だが、2014年の雨傘運動からの因縁は明白。あれこそ若者だけの学生運動の域を超え、知識人、ホワイトカラー、工場労働者、定年退職者までふくむ「香港史上最大規模の全民衆による民主化運動」だった。

 もとをたどると、香港返還にともなう「一国二制度」を定めた基本法の前年(89年)に中国で大規模な民主化運動が起こり、天安門事件が勃発している。つまり、すべてはつながっているのだ。

 本書は香港中文大学のリベラルな学者を囲んで18年、東京で行われたシンポジウムの記録。視野を台湾にまで広げ、戦前から文化大革命を経て、いまにつながる民主化・近代化問題を論じた中村元哉著「中国、香港、台湾におけるリベラリズムの系譜」(有志舎 2600円)も役立つ。

(社会評論社 1800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  3. 3

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  4. 4

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  5. 5

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  6. 6

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  7. 7

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  8. 8

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  9. 9

    作家・中村文則氏 国民の命にまで…安倍政権はもう限界だ

  10. 10

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る