JKに踊らさせる国・ニッポン

公開日: 更新日:

「性食考」赤坂憲雄著/岩波書店2700円+税

 2018年4月、昨年に引き続き内閣府による「AV出演強要・『JKビジネス』等被害防止月間」が始まった。「JKは売り物なんかじゃない」というコピーを掲げたポスターや動画がネット上にアップされ、「ひとりで悩まないで」という呼びかけとともに、相談窓口への連絡先リストが添付されている。

 ご当地アイドルを含め、官民挙げてJK=女子高生を商品化している社会、そしてJKであることを商品化したがっている少女があふれている社会で、「JKは売り物なんかじゃない」というコピーを啓発に用いるのは皮肉以外の何物でもない。まさに「JKに踊らされる国・ニッポン」だ。

 歴史を振り返ってみると、思春期の少女は社会の秩序を揺るがす危険な存在、神に近いタブーな存在として扱われてきた。本書「性食考」では、さまざまな神話や民族の儀式の中で、性交未経験の生娘を食べる・交わる・殺すことに関する逸話が数多く登場する。

 共同体の男子が力を合わせて一人の生娘を全裸に剥き、犯し、殺し、その肉体を食べることによって、ムラの豊穣や繁栄を祈願する。

 目を覆いたくなるような残酷極まりないエピソードも多数登場するが、神話の時代から平成も終わりを迎えつつある現代に至るまで、私たちのやっていることはそう変わらないのではないだろうか。

 自らの性的欲求をかき立てる「危険な存在」「けしからん存在」として、思春期の少女を一方的に神に仕立て上げたり、過剰に蔑んだりする。

 そして彼女たちに対する性暴力や陵辱行為を「社会秩序の維持のため」として正当化・商品化し、場合によっては神聖化する。徹頭徹尾、男性目線だ。

 当たり前の話だが、少女は本質的に危険な存在でもなければ、神に近い存在などでもない。そうみなす男性側の歪んだ視線があるだけだ。

 神話の時代から連綿と続く男尊女卑の歴史の中で、私たちはこれまでも、そしてこれからも、JKに踊らされ続けるしかないのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  2. 2

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  3. 3

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  6. 6

    錦戸亮の大誤算…コロナ禍と新人活躍でドラマオファーなし

  7. 7

    「収束後は」って何?くだらないことに税金使うって話だろ

  8. 8

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  9. 9

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

  10. 10

    世界で猛威のコロナウイルスを商標出願したのはあの人物!

もっと見る