• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

坂本龍馬の命日に「海援隊」を解散した武田鉄矢

<1982年12月>

 博多から上京、72年にメジャーデビューした武田鉄矢、中牟田俊男、千葉和臣の3人組フォークグループ海援隊。当初は「母に捧げるバラード」などてブレークし、ミリオンセラーとなった79年「贈る言葉」以降は本格的に活躍したが、82年12月に解散した。

 根っからの坂本龍馬のファンとして知られる武田は大学時代も、龍馬の命日に自転車で九州から京都まで墓参りに行くほど熱狂した。龍馬が結成した組織にちなみ、グループの名前も「海援隊」と改名、主に博多でライブ活動していた。

 その後、上京してメジャーデビュー。ヒットを連発したが、82年、武田は「龍馬が殺されたのが33歳の時、俺も33歳になったし、海援隊の名前を龍馬に返してもいい頃だと思って」と解散を決意する。解散ツアーは9月23日、龍馬の故郷・高知市の高知県民文化ホールを皮切りにスタート。コンサートに先立ってメンバーは龍馬像の立つ桂浜をはじめ、高知の旧跡を歩いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る