• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

勝新太郎 コカイン不法所持と迷言録

<1992年3月>

「もうパンツをはかないようにする」の迷セリフで有名な勝新太郎のコカイン不法所持事件。90年1月にハワイで逮捕された勝は罰金判決を受けた後も、1年4カ月ハワイに“籠城”し、パンツ発言以外にもさまざまなパフォーマンスを繰り広げた。勝は帰国後の裁判でも珍発言を連発し、法廷は爆笑の渦に包まれた。

 90年1月17日、羽田発の中華航空機でホノルル空港に降り立った勝(当時58)のパンツの中からコカイン1.75グラム、マリフアナ9.75グラムが発見された。ハワイ当局から下された処分は罰金1000ドルで即日釈放という寛大なものだったが、事件はその後、異例の展開を見せることになる。

 日本に戻ると「麻薬取締法の密輸出罪」で警視庁に逮捕されることになると考えた勝は、帰国せずハワイに居座る作戦に出た。罰金刑確定後の記者会見で「不徳の致すところ」と謝罪したが、「なぜ、コカインを持っていたのか、オレが知りたいんだ。ハメられたとか、ハメられないとか、オレが知りたい」ととぼけたコメント。さらに入手ルートについては、「機内で“勝さんのファンです”という男性から包みを渡された」と日本からの持ち出しを否定。パンツの中から発見された理由についても、「大麻かコカインと思ったのでとっさにパンツに入れた」と言い訳した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る