勝新太郎 コカイン不法所持と迷言録

公開日:  更新日:

<1992年3月>

「もうパンツをはかないようにする」の迷セリフで有名な勝新太郎のコカイン不法所持事件。90年1月にハワイで逮捕された勝は罰金判決を受けた後も、1年4カ月ハワイに“籠城”し、パンツ発言以外にもさまざまなパフォーマンスを繰り広げた。勝は帰国後の裁判でも珍発言を連発し、法廷は爆笑の渦に包まれた。

 90年1月17日、羽田発の中華航空機でホノルル空港に降り立った勝(当時58)のパンツの中からコカイン1.75グラム、マリフアナ9.75グラムが発見された。ハワイ当局から下された処分は罰金1000ドルで即日釈放という寛大なものだったが、事件はその後、異例の展開を見せることになる。

 日本に戻ると「麻薬取締法の密輸出罪」で警視庁に逮捕されることになると考えた勝は、帰国せずハワイに居座る作戦に出た。罰金刑確定後の記者会見で「不徳の致すところ」と謝罪したが、「なぜ、コカインを持っていたのか、オレが知りたいんだ。ハメられたとか、ハメられないとか、オレが知りたい」ととぼけたコメント。さらに入手ルートについては、「機内で“勝さんのファンです”という男性から包みを渡された」と日本からの持ち出しを否定。パンツの中から発見された理由についても、「大麻かコカインと思ったのでとっさにパンツに入れた」と言い訳した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  8. 8

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  9. 9

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る