テレサ・テン“偽造”パスポート入国騒動

公開日: 更新日:

<1979年2月>

 台湾出身のテレサ・テンがこの世を去ったのは95年。今も人々の記憶に残る歌手として人気は衰えないが、スキャンダルを背負った不遇な一面も持ち合わせていた。最初は26歳の時。“偽造”パスポートで入国し、国外退去処分を受ける騒動があった。

 2月24日昼すぎ、東京都港区の東京入国管理事務所前に報道陣が集まっていた。偽造旅券を使って入国したという不法入国の疑いで、同事務所内に収容され続けていたテレサ・テンが釈放されるというのだ。

 現れたテレサの表情からは疲れは見えなかったが、報道陣の偽造パスポートについての質問には答えることはなく、友人のシンガポール人女性やレコード会社社員に囲まれて車に乗り込んだ。処分は国外退去と1年間の日本入国禁止。行き先は成田空港。テレサは追いかけてきた報道陣におわびのメッセージを書いたメモを渡し、足早にアメリカへと立ち去った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  8. 8

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  9. 9

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る