テレサ・テン“偽造”パスポート入国騒動

公開日: 更新日:

<1979年2月>

 台湾出身のテレサ・テンがこの世を去ったのは95年。今も人々の記憶に残る歌手として人気は衰えないが、スキャンダルを背負った不遇な一面も持ち合わせていた。最初は26歳の時。“偽造”パスポートで入国し、国外退去処分を受ける騒動があった。

 2月24日昼すぎ、東京都港区の東京入国管理事務所前に報道陣が集まっていた。偽造旅券を使って入国したという不法入国の疑いで、同事務所内に収容され続けていたテレサ・テンが釈放されるというのだ。

 現れたテレサの表情からは疲れは見えなかったが、報道陣の偽造パスポートについての質問には答えることはなく、友人のシンガポール人女性やレコード会社社員に囲まれて車に乗り込んだ。処分は国外退去と1年間の日本入国禁止。行き先は成田空港。テレサは追いかけてきた報道陣におわびのメッセージを書いたメモを渡し、足早にアメリカへと立ち去った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  3. 3

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  4. 4

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  5. 5

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  6. 6

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  7. 7

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

  8. 8

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  9. 9

    軟弱地盤も…不動産高価格の東京都心・西側に浸水の可能性

  10. 10

    TV界席巻した織田無道さん 余命1年と言われた末期がん告白

もっと見る