チラシ配りのバイトも…美人マジシャン「シエル」の赤貧時代

公開日: 更新日:

<師匠のように面白いマジシャンが目標>

“踊れるマジシャン”として活動中! ダンサー経験を経て転身したカワユイ女性マジシャンの貧乏&苦労話とは?

 もともとはダンスが大好きで、15歳から7年間、主に歌番組のバックダンサーやってたんです。実は「紅白」でもバックで踊ったことあります。でもダンサーって、もらえても1万円。衣装が自前だと赤字です。それでオンエア見ると肩しか映ってない(笑い)。だからチラシ配りのバイトもしてましたね。

 21歳の時に「踊れるマジシャンダンサー」という2人組の企画ユニットに入ったんです。その時に指導にいらしたマジシャンが「日本一うざいマジシャン・からくりどーる」さんだった。「どーる」だから女性と思ってたら、普通のおじさん!

 でも私は師匠のすばらしい人柄と笑いのある芸の面白さに引かれ、マジックが大好きになったんです。相方の女の子は「マジックにそんな興味ない」とやめて、4人も入れ替わった。結局私はひとりになり、ダンスをやめ、からくりどーるさんに弟子入りしました。師匠は割り箸1本で凄く面白いマジックができるので、「私は第2のからくりどーるになりたい!」とまで思ってました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  7. 7

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  8. 8

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    ロシア紙さえも“詭弁”と評したプーチン大統領の特異解釈

もっと見る