“ムネオ疑惑”に巻き込まれ地獄を見た 元秘書・ムルアカさんは今…

公開日:  更新日:

 鈴木宗男代議士の後ろを悠然と歩く“謎の私設秘書”――。本日登場するのは209センチ、コンゴ民主共和国(旧ザイール)出身のジョン・ムウェテ・ムルアカさん(52)だ。02年、政界を揺るがした「ムネオ疑惑」の巻き添えを食い、すべての仕事を失った。今どうしているのか。

「07年からは神奈川工科大学の特任教授を、それと09年から千葉科学大学の教授を務めてます。自給自足の生活を余儀なくされてた頃と比べれば、毎日の暮らしは安定しました」

 赤坂にある事務所で会ったムルアカさん、まずはこう言った。長~い脚といい、見上げるような大男だ。
「ワタシが教授になることに、両大学とも根強い反対があったそうです。それを押し切って現在のポジションを与えてくれた神奈川工科大の中部理事長、千葉科学大の加計理事長にはどんなに感謝してもしきれません。授業? 神奈川工科大では国際関係論を教えてます。国際政治評論家として月に数回、講演活動もしてますし」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  9. 9

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る