“ムネオ疑惑”に巻き込まれ地獄を見た 元秘書・ムルアカさんは今…

公開日: 更新日:

 鈴木宗男代議士の後ろを悠然と歩く“謎の私設秘書”――。本日登場するのは209センチ、コンゴ民主共和国(旧ザイール)出身のジョン・ムウェテ・ムルアカさん(52)だ。02年、政界を揺るがした「ムネオ疑惑」の巻き添えを食い、すべての仕事を失った。今どうしているのか。

「07年からは神奈川工科大学の特任教授を、それと09年から千葉科学大学の教授を務めてます。自給自足の生活を余儀なくされてた頃と比べれば、毎日の暮らしは安定しました」

 赤坂にある事務所で会ったムルアカさん、まずはこう言った。長~い脚といい、見上げるような大男だ。
「ワタシが教授になることに、両大学とも根強い反対があったそうです。それを押し切って現在のポジションを与えてくれた神奈川工科大の中部理事長、千葉科学大の加計理事長にはどんなに感謝してもしきれません。授業? 神奈川工科大では国際関係論を教えてます。国際政治評論家として月に数回、講演活動もしてますし」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  7. 7

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  8. 8

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  9. 9

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  10. 10

    坂本と大城はどこで感染?巨人コロナ「微陽性」6つの疑問

もっと見る