倹約家のダンディ坂野「ブレーク翌年で“貧乏芸人”扱いにはメゲた」

公開日: 更新日:

 黄色いスーツ姿と「ゲッツ!」のフレーズでお馴染みのピン芸人、ダンディ坂野(46)。苦労時代はよっぽど貧乏してただろうと思いきや……。

 お金に困ったことってあまりなかったんです。上京してからマクドナルドでずっとバイトしてまして、月に17万円くらい収入があったので。マックのバイトが好きでした(笑い)。男でレジの接客するのは上の人なんですけど、僕は10年勤めてマネジャーになり、レジもやるようにまでなりました。

 でも、時給が上がると働く時間を短くしちゃってたから、余裕はなかった(笑い)。あるお笑いライブはゲストで出ると3000円の交通費がもらえたんですが、渋谷のそのライブに電車で行き、帰りは3000円を握り締めて4000円かけてタクシーで帰ってました。ライブ終わりに渋谷のスクランブル交差点からタクシーに乗ると、「俺って芸能人っぽいな」と思えてモチベーションが上がるから(笑い)。数少ないスーツの衣装が終電間近の酔っぱらいで酒臭くなるのもイヤだし。そういうことで赤字になる芸人は僕だけかな。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  3. 3

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  4. 4

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  5. 5

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  6. 6

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  7. 7

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  8. 8

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

もっと見る