消えたり濃くなったり…猪瀬知事「マユ毛」にも“疑惑”

公開日:  更新日:

「おい、何か変じゃないか」――。釈明会見で記者の注目を集めたのはとりとめのない弁明だけじゃない。不自然な動きを見せた猪瀬知事のマユ毛も密かに話題だった。

「これが借用書です」。疑惑払拭のために開いた会見で、逆に報道陣から激しい質問攻めを受けた猪瀬。ドヤ顔は最初だけ。最後は完全に顔色を失っていたが、そんな中でも“表情”ひとつ変えなかったのが、マユ毛だった。

「猪瀬知事の“プチ整形”疑惑は都庁内で有名です。目も一重から二重になっている。マユ毛? もちろんイジっているでしょう」(都職員)

 身だしなみなのか、おしゃれなのか……。確かに昨年の東京マラソン出走時の顔写真を見ると、眉頭にちょこっと毛が生えているだけ。会見時に見た横一文字のリッパなマユ毛とは大違いだ。本人は、昔からマユ毛が薄いことがコンプレックスだったらしい。

 書き方ひとつで表情が大きく変わるマユ毛。どうせなら「ハの字」に書いて少しぐらい反省している姿を見せたらどう?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る