「進撃の巨人」作者も太田光の妻も…“切った爪”収集家の心理

公開日: 更新日:

 人気漫画「進撃の巨人」の作者・諫山創氏(27)の“不気味な趣味”が話題になっている。きっかけは、タッパーにぎっしり詰まった自分の爪の写真を漫画誌で公開したこと。<07年から集めている、僕の手足の爪です>という吹き出し付きで、フタに「2007年」と記されていることから、年別に容器を変えてコレクションしているようだ。

 ネット上では「マジで?」「キモッ!」などと率直な意見が書き込まれているが、実は、切った爪を収集している人は世の中にはゴマンといる。有名人では「爆笑問題太田光の妻で事務所社長の太田光代さん(49)が筋金入りのコレクターだ。

 以前、テレビのトーク番組で切った爪を子供のころからビンにため込んでいると話し、不気味がられていた。彼女の場合、剥いた皮膚やかさぶたまでため込んでいるというから「ゾ~ッ!」である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  4. 4

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  7. 7

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

  8. 8

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  9. 9

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  10. 10

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る