自分がネタにされず不満 妻夫木聡は無類の「ヤフーニュース」好き

公開日:  更新日:

 6日、妻夫木聡(33)が新宿ピカデリーで行われた主演映画「ジャッジ!」(永井聡監督)の新成人限定試写会に出席した。

 二十歳の頃の思い出を聞かれた妻夫木は「自分はちょうど『ウォーターボーイズ』をやっていた頃。バリバリ働いていた。ホリプロから大した給料はもらってなかったけど」と苦笑しながら告白。

 最近はヤフーなどのネットニュースで自分の話題が取り上げられないのが不満のようで、共演の北川景子とのイチャイチャぶりだけが取り上げられたことについては「イチャイチャしてねーし!」と否定していた。

■太田光代にモノ申すべき?

 この作品は世界的な広告祭に参加することになった新人広告マン(妻夫木)が、自社CMのグランプリ獲得を目指して奮闘する姿を描いた業界コメディー。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る