日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

八田亜矢子は大丈夫? 「東大卒女性は離婚が早い」のジンクス

 なんだが健気だ。東大卒タレントの八田亜矢子(29)がクリスマスイブに結婚した。相手は、3歳年下の東大医学部時代の同級生。現在は京都にある公立大医学部の1年生だという。

 何でまた1年生から? と不思議になるが、2人は「健康科学科」卒だから。医学部といっても看護学や保健学が中心で、医師を養成する学科じゃない。八田の結婚相手は外科医を目指し、今春に入学し直したそうだ。

 いずれは立派な医者になるにしても、今は無収入の学生。生活費も学費も来年5月の挙式費用もすべて八田が払って夫を支えていくというから、まさに“糟糠(そうこう)の妻”なのだが、ちょっと心配になる。八田のレギュラーが深夜番組1本だからじゃない。「凄母」(東洋経済新報社)などの著書があるジャーナリストの佐藤留美氏が言う。

「東大出身者に割と共通しているのが、自分の決断に絶対の自信を持っているということ。正しい決断をしてきたから超難関を突破できたわけで、それも当然でしょう。そして決断が速い。大胆に即決して周囲をアッと言わせることもありますが、ただ、結婚となると話は別ですからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事