23年連続主演も…観月ありさ「夜のせんせい」注目は脇役陣

公開日: 更新日:

“23年目”は、ちょっと物足りないスタートになった。観月ありさ(37)主演の連続ドラマ「夜のせんせい」(TBS系)が17日にスタート。初回視聴率は10.6%(ビデオリサーチ調べ=関東地区)と伸び悩んだ。

 今回でナント23年連続の連ドラ主演となる観月は、スナックのママから転身した異色の定時制高校教師を演じる。年齢も性別もさまざまなワケあり生徒たちの人生を再生に導くストーリーだ。

 ここ数年、観月は自身の役柄をしっかり確立してきた。「斉藤さん」シリーズ(日本テレビ系)、「華和家の四姉妹」(TBS系)などでも、物おじせずにきっぱり主張する正義感あふれる“男前”な女性を演じ、コンスタントに12~15%近い視聴率を稼いでいる。

「今回の“熱血教師”も観月らしいキャラクターといえますが、設定がありがち。ストーリー展開も何となく想像できてしまう。そんなイメージが足を引っ張ったのでしょう。連ドラは2回目以降の数字が落ちるのが一般的。観月にとっては厳しいスタートです」(テレビ局関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  2. 2

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  3. 3

    取締役と2度会食 安倍事務所がニューオータニを“口封じ”か

  4. 4

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  5. 5

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  6. 6

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  7. 7

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  8. 8

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  9. 9

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  10. 10

    今度はパワハラ裁判 たけしを悩ます老いらくの恋の“代償”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る