23年連続主演も…観月ありさ「夜のせんせい」注目は脇役陣

公開日:  更新日:

“23年目”は、ちょっと物足りないスタートになった。観月ありさ(37)主演の連続ドラマ「夜のせんせい」(TBS系)が17日にスタート。初回視聴率は10.6%(ビデオリサーチ調べ=関東地区)と伸び悩んだ。

 今回でナント23年連続の連ドラ主演となる観月は、スナックのママから転身した異色の定時制高校教師を演じる。年齢も性別もさまざまなワケあり生徒たちの人生を再生に導くストーリーだ。

 ここ数年、観月は自身の役柄をしっかり確立してきた。「斉藤さん」シリーズ(日本テレビ系)、「華和家の四姉妹」(TBS系)などでも、物おじせずにきっぱり主張する正義感あふれる“男前”な女性を演じ、コンスタントに12~15%近い視聴率を稼いでいる。

「今回の“熱血教師”も観月らしいキャラクターといえますが、設定がありがち。ストーリー展開も何となく想像できてしまう。そんなイメージが足を引っ張ったのでしょう。連ドラは2回目以降の数字が落ちるのが一般的。観月にとっては厳しいスタートです」(テレビ局関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  4. 4

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る