あまコンビW主演で話題 「隠蔽捜査」は“警察版・半沢直樹”

公開日:  更新日:

 主演の古田新太(48)いわく「ま、半沢(直樹)の警察版ですね」。月曜ミステリーシアター「隠蔽捜査」(TBS系)の初回放送当日(13日)、ゲスト出演した「はなまるカフェ」でこうPR。昨年の視聴率ナンバーワンドラマを引き合いに出し、番組MCの岡江サンとヤックンの心をグッとつかんだのは間違いない。「半沢直樹を見てた人が半分見てくれたら、20%いくんで」と鼻息も荒かった。

 刑事ドラマといえば「現場」が主役だが、本作は「キャリア官僚」を描く異色のストーリー。バカ正直に規律と秩序を守る東大卒のキャリア(杉本哲太=48)と、本音と建前を使い分ける私大卒のキャリア(古田)という凸凹コンビを軸に、警察内の権力闘争、人間関係、そして家庭の問題をミステリー仕立てで描く。あれやこれやと盛りだくさんだ。

 そもそも刑事ドラマは幕の内弁当のようなもので、シチュエーションの縛りだけ守れば、どうにも調理できる。そんな手軽さもあってか、1月期は刑事モノが6本も乱立。食傷気味になってしまうが、その中でも同作を「オーソドックスな中高年向きの刑事ドラマ」と評するのは、コラムニストの桧山珠美氏だ。その大きな要因は2つ――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  9. 9

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る