武井vs剛力のヒロイン対決も…乱立の“刑事モノ”出色3本

公開日:  更新日:

 1月ドラマは15本スタートするが、うち6本が刑事&捜査官もの。多いのは同ジャンルが安定した視聴率がとれることと視聴者に富裕層が目立ちスポンサー受けするのが理由。その中でもおすすめのドラマをピックアップ――。

 まずは武井咲とEXILEのTAKAHIROの「戦力外捜査官」(日本テレビ系土曜21時)でTAKAHIROのドラマ初出演に注目。武井は度胸とやる気だけはあるが、ドジで捜査能力も低いため、配属2日で戦力外通告をうける海月千波役、TAKAHIROは警視庁捜査1課の巡査で千波のお守り役。脚本を演出家の鴻上尚史が担当、軽妙洒脱な刑事ものに仕上がりそうだ。

「福家警部補の挨拶」(フジテレビ系火曜21時)は檀れいと稲垣吾郎がコンビを組む倒叙ミステリー。初めに犯人の描写をし、犯人と犯行過程がわかった上で物語が展開される「刑事コロンボ」タッチのジャンルだ。苦難を耐え忍ぶ女性を数多く演じてきた檀にとって初の民放連ドラ主演。今回はSMAPの中では演技派と評判の稲垣の推理が売りだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る