• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

武井vs剛力のヒロイン対決も…乱立の“刑事モノ”出色3本

 1月ドラマは15本スタートするが、うち6本が刑事&捜査官もの。多いのは同ジャンルが安定した視聴率がとれることと視聴者に富裕層が目立ちスポンサー受けするのが理由。その中でもおすすめのドラマをピックアップ――。

 まずは武井咲とEXILEのTAKAHIROの「戦力外捜査官」(日本テレビ系土曜21時)でTAKAHIROのドラマ初出演に注目。武井は度胸とやる気だけはあるが、ドジで捜査能力も低いため、配属2日で戦力外通告をうける海月千波役、TAKAHIROは警視庁捜査1課の巡査で千波のお守り役。脚本を演出家の鴻上尚史が担当、軽妙洒脱な刑事ものに仕上がりそうだ。

「福家警部補の挨拶」(フジテレビ系火曜21時)は檀れいと稲垣吾郎がコンビを組む倒叙ミステリー。初めに犯人の描写をし、犯人と犯行過程がわかった上で物語が展開される「刑事コロンボ」タッチのジャンルだ。苦難を耐え忍ぶ女性を数多く演じてきた檀にとって初の民放連ドラ主演。今回はSMAPの中では演技派と評判の稲垣の推理が売りだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る