武井vs剛力のヒロイン対決も…乱立の“刑事モノ”出色3本

公開日: 更新日:

 1月ドラマは15本スタートするが、うち6本が刑事&捜査官もの。多いのは同ジャンルが安定した視聴率がとれることと視聴者に富裕層が目立ちスポンサー受けするのが理由。その中でもおすすめのドラマをピックアップ――。

 まずは武井咲とEXILEのTAKAHIROの「戦力外捜査官」(日本テレビ系土曜21時)でTAKAHIROのドラマ初出演に注目。武井は度胸とやる気だけはあるが、ドジで捜査能力も低いため、配属2日で戦力外通告をうける海月千波役、TAKAHIROは警視庁捜査1課の巡査で千波のお守り役。脚本を演出家の鴻上尚史が担当、軽妙洒脱な刑事ものに仕上がりそうだ。

「福家警部補の挨拶」(フジテレビ系火曜21時)は檀れい稲垣吾郎がコンビを組む倒叙ミステリー。初めに犯人の描写をし、犯人と犯行過程がわかった上で物語が展開される「刑事コロンボ」タッチのジャンルだ。苦難を耐え忍ぶ女性を数多く演じてきた檀にとって初の民放連ドラ主演。今回はSMAPの中では演技派と評判の稲垣の推理が売りだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  4. 4

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  5. 5

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  6. 6

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  7. 7

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  8. 8

    玉川徹だけじゃない コロナ報道で“的を得ている”2人の名前

  9. 9

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る