日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

徹底したプロ意識…剛力彩芽がスタッフや記者にうけるワケ

 なぜかネットで嫌われている剛力彩芽(21)。最近は、デビュー曲のMVで披露した「プロペラダンス」も、AKBの峯岸みなみにマネされて笑いの対象になっている。だが、玉木宏と共演している「私の嫌いな探偵」(テレビ朝日系)は、金曜日の23時台スタートにもかかわらず、初回は10.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と2ケタを記録。仕事では結果を残している。

 テレビ制作会社の関係者が言う。
「現場で剛力の悪口を言うスタッフは皆無ですね。たまに会うような相手に対しても腰が低く、ニコニコと笑顔を絶やさない。小さい頃からモデルになりたくて芸能活動を始めたものの、アイドルの登竜門である国民的美少女コンテストは2次選考で落選。若いのに意外と苦労している。だから、どんな仕事でも手を抜かず、真面目にこなしているのでしょう。どんなときも嫌な顔を見せないのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事