元ジャニーズひかる一平さん 子役“ほめ殺し”で充実の日々

公開日:  更新日:

 70年代アイドルの郷ひろみや川崎麻世に次ぐ、80年代期待の星としてジャニーズ事務所からデビューした、ひかる一平さん(49)。「3年B組金八先生」でブレークし、アイドル歌手として活動後は俳優に転向し、時代劇やサスペンスドラマで活躍した。しかし、最近は姿を見ない。今どうしているのか。

「そう、たま~に2時間ドラマや旅番組に出るくらいですね。っていうのも、最近は去年3月に立ち上げた子役養成学校の運営がメーンで、毎日営業に飛び回ってるんです。きょうもバリバリ宣伝マンとして来ました、ヨロシク! ハハハ」

 地下鉄銀座駅に近いカフェで会ったひかるさん、まずはこういった。

 養成学校の名前は「スカイアイ・プロデュース」。自身が代表だ。
「友人の子役養成所を9年ほど手伝ってたから、キャリアは案外長いんです。でも、講師を頼まれた当初は、役者は生半可な気持ちじゃできないぞ! って子供たちをいつも怒鳴ってた。結果、“先生、こわ~い”となり、誰もついてこなくなってましてね。これじゃいかんと、教育方針を変えました。今じゃ“ホメ殺しのひかる先生”です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

もっと見る