元ジャニーズひかる一平さん 子役“ほめ殺し”で充実の日々

公開日: 更新日:

 70年代アイドルの郷ひろみや川崎麻世に次ぐ、80年代期待の星としてジャニーズ事務所からデビューした、ひかる一平さん(49)。「3年B組金八先生」でブレークし、アイドル歌手として活動後は俳優に転向し、時代劇やサスペンスドラマで活躍した。しかし、最近は姿を見ない。今どうしているのか。

「そう、たま~に2時間ドラマや旅番組に出るくらいですね。っていうのも、最近は去年3月に立ち上げた子役養成学校の運営がメーンで、毎日営業に飛び回ってるんです。きょうもバリバリ宣伝マンとして来ました、ヨロシク! ハハハ」

 地下鉄銀座駅に近いカフェで会ったひかるさん、まずはこういった。

 養成学校の名前は「スカイアイ・プロデュース」。自身が代表だ。
「友人の子役養成所を9年ほど手伝ってたから、キャリアは案外長いんです。でも、講師を頼まれた当初は、役者は生半可な気持ちじゃできないぞ! って子供たちをいつも怒鳴ってた。結果、“先生、こわ~い”となり、誰もついてこなくなってましてね。これじゃいかんと、教育方針を変えました。今じゃ“ホメ殺しのひかる先生”です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  6. 6

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  7. 7

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  8. 8

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  9. 9

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  10. 10

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る