元ジャニーズひかる一平さん 子役“ほめ殺し”で充実の日々

公開日: 更新日:

「ボク自身、仕事面で窮地に立たされ、極度に落ち込むことが何度かあった。子供たちにそんな悲しい思いをさせたくないから、今のうちから人間力を養って欲しいんです」
 ひかるさんは姉がジャニーズ事務所に履歴書を送ったのがきっかけで、80年、事務所入り。同年、「3年B組金八先生」で俳優デビューし、翌年、「青空オンリー・ユー」で歌手になった。

「ジャニーさんに“YOU、歌出すから”といわれてレコーディングし、“YOU、行ってきな”でNHKに出ました。ところが、ダンスが苦手で、デビュー直後に落ちこぼれですよ、ハハハ」

 転機になったのは82年から4年間出演した「必殺仕事人」だった。
「そうだ、オレはオレで役者の道を行く! と飛び込んだんです。でも、アイドルだから許された演技も、役者としては大根そのもの。先輩方にボロカスにいわれ、演技も生意気だった性格も一から鍛え直されました。正直、ジャニーズにそのままいたら、仕事は少なくなっても、給料はいいだろうなって考えることはありましたよ。だけど、今は食べていくには大変でも、自分の足で立ってる充実感があります」

 5年前、一般女性と結婚し、4歳の息子がいる。

「ウチの子をスカイアイ・プロデュースに入れたら、人見知りが直りました。子供たちをほめて、伸ばして、羽ばたかせる、の見事な成功例です、ハハハ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池都知事イライラMAX!報道に「PV中止」抜かれブチ切れ

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小池知事ドリフ固執 そして都庁は「8時だョ!全員残業中」

  4. 4

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  5. 5

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  6. 6

    巨人「出戻り山口俊」補強は原監督の悪手…OBから苦言続々

  7. 7

    小池知事ドヤ顔「8時だョ!」ドリフこじつけ発言で大炎上

  8. 8

    樋口英明氏「耐震性に着目すれば全ての原発を止められる」

  9. 9

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  10. 10

    社会学者・鈴木涼美氏が考察する「菅義偉おじさん」の正体

もっと見る