• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

NHK新年度キャスター 選ばれた美人アナ3人の潜在能力

 自らの失言であたふたする新会長と違って、安定感を見せつける会見だった。NHKは4日、新年度番組の新キャスターを発表。15人を超す男女アナウンサーが自覚ある抱負を語った。注目は朝・夕・晩の3人の女性キャスターだ。

■「朝」打倒・有働アナ

 まず、平日早朝5時台の「おはよう日本」に抜擢された寺門亜衣子アナ(28)。「あさイチ」で1年間リポーターを経験。一部で交代が囁かれながら残留となった有働先輩にミッチリ鍛えられたようで、「私は脇汗はかかない方ですが、かいたとしても隠すことなく『打倒・有働さん』で頑張りたい」とブチ上げた。

 なかなかのビッグマウス。アイドルウオッチャーの上杉純也氏も、「早大在籍時から学生キャスターとしてBSフジに出演していた。しゃべりの素地は十分ある。しかも昨年から東京勤務になり、山形や札幌の地方局時代が何だったのかと思うぐらい、あか抜けてきた。まだまだ伸びしろがありますね」と期待する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る