いいともレギュラー決定 ナイナイ岡村に心配な仕事量増加

公開日: 更新日:

 ナインティナインの岡村隆史(43)に、「大丈夫なのか?」という声が上がっている。とんねるずに続いて、「笑っていいとも!」のレギュラーを獲得したからだ。

 岡村が体調不良を理由に、芸能活動を5カ月間休んだのが、2010年のこと。本人いわく「一睡もできなくなった。それが何カ月も続いた。常にパニック状態。本当に芸能界をやめようと思った」そうだ。

 心が折れてから4年が経ち、元気を取り戻したかのように見えるが、ただでさえコンビで4本のレギュラー番組を抱えているのに「いいとも!」までとなると、休養前より忙しくなりそうだ。

 岡村は根がまじめな性格というだけに、心配する声が上がっているわけ。
「休職してうつ病を治すには最低でも2~3カ月かかりますが、復帰後の過ごし方も重要です。うつ病になる人は、神経質できちょうめん、何事にも全力で取り組む人が多い。休職して周りに迷惑をかけた分を取り戻そうと、復帰後すぐから以前と同じか、それ以上に仕事に邁進(まいしん)します。すると、またうつ病を再発する。うつ病の5割は、またうつ病を繰り返すといわれています」(精神科医)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  5. 5

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  6. 6

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  7. 7

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  8. 8

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  9. 9

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  10. 10

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

もっと見る