「いいとも!」の後番組MC抜擢も…周囲が気を揉む坂上忍の“弱点”

公開日: 更新日:

 今、一番勢いがあるタレントといえば、坂上忍だろう。天才子役から不遇の時代を経て、46歳で再びブレーク。バラエティー番組に引っ張りだこの日々だ。

 再ブレークのきっかけになったのは「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)あたりか。バツイチキャラ、潔癖症キャラ、毒舌キャラとさんま相手にキャラを開拓、トークに磨きをかけ、他の番組にも出るようになった。「ブスは嫌い」「ブスは外に出るな」「空気が汚れるからブスはあっちへ行け」などと容赦ないブス攻撃。本音しか言わない正直者と好意的に取られ、坂上に風が吹いた。

 4日の「ロンドンハーツ」(テレビ朝日系)でもモデルの益若つばさに対して、「自己チューだ」「挨拶に来ない」「何人もスタッフ連れて何様のつもり」とバッサリ。バツイチ同士、わかり合えると思ったという益若に「離婚した人間には欠陥がある」「これ以上犠牲者を増やすな」と容赦ない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  7. 7

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る