華原朋美 活動休止前に出版したコンドーム付き写真集

公開日: 更新日:

<2006年3月>

 小室哲哉プロデュースでミリオンセラーを連発した華原朋美。小室との別れ話がこじれ、99年にはガス中毒で病院に搬送されるなどお騒がせも多かったが、その後、華原は小室の元を離れて活動再開する。

 だが、ヒット曲には恵まれず、バラエティーやドラマ出演など歌手以外の活動が増えていき、05年12月、デビュー10周年を迎えた華原(当時31)は写真集「Crystallize」(ワニブックス)を発売した。デビュー以前はグラビアアイドルとして活動、かねて「脱ぐ気はある」「需要があるなら見てもらいたい」と発言していた華原の初の写真集は出版前から注目を集めた。

 ヘアヌードは実現しなかったが、表紙は左手を水玉模様のショートパンツに差し込み、口を細く開いた華原が右手でバストを押さえる扇情的な手ブラショット。他にもスカートをたくし上げて野外放尿を思わせるポーズや、ミニスカートで四つん這いになり、腰を高く突き出したポーズなど多くのセミヌード写真が掲載されていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  4. 4

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  5. 5

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  9. 9

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  10. 10

    名物司会者の大木凡人さんは今 大動脈解離で九死に一生

もっと見る