華原朋美 活動休止前に出版したコンドーム付き写真集

公開日:  更新日:

<2006年3月>

 小室哲哉プロデュースでミリオンセラーを連発した華原朋美。小室との別れ話がこじれ、99年にはガス中毒で病院に搬送されるなどお騒がせも多かったが、その後、華原は小室の元を離れて活動再開する。

 だが、ヒット曲には恵まれず、バラエティーやドラマ出演など歌手以外の活動が増えていき、05年12月、デビュー10周年を迎えた華原(当時31)は写真集「Crystallize」(ワニブックス)を発売した。デビュー以前はグラビアアイドルとして活動、かねて「脱ぐ気はある」「需要があるなら見てもらいたい」と発言していた華原の初の写真集は出版前から注目を集めた。

 ヘアヌードは実現しなかったが、表紙は左手を水玉模様のショートパンツに差し込み、口を細く開いた華原が右手でバストを押さえる扇情的な手ブラショット。他にもスカートをたくし上げて野外放尿を思わせるポーズや、ミニスカートで四つん這いになり、腰を高く突き出したポーズなど多くのセミヌード写真が掲載されていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  9. 9

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  10. 10

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

もっと見る