華原朋美 活動休止前に出版したコンドーム付き写真集

公開日: 更新日:

<2006年3月>

 小室哲哉プロデュースでミリオンセラーを連発した華原朋美。小室との別れ話がこじれ、99年にはガス中毒で病院に搬送されるなどお騒がせも多かったが、その後、華原は小室の元を離れて活動再開する。

 だが、ヒット曲には恵まれず、バラエティーやドラマ出演など歌手以外の活動が増えていき、05年12月、デビュー10周年を迎えた華原(当時31)は写真集「Crystallize」(ワニブックス)を発売した。デビュー以前はグラビアアイドルとして活動、かねて「脱ぐ気はある」「需要があるなら見てもらいたい」と発言していた華原の初の写真集は出版前から注目を集めた。

 ヘアヌードは実現しなかったが、表紙は左手を水玉模様のショートパンツに差し込み、口を細く開いた華原が右手でバストを押さえる扇情的な手ブラショット。他にもスカートをたくし上げて野外放尿を思わせるポーズや、ミニスカートで四つん這いになり、腰を高く突き出したポーズなど多くのセミヌード写真が掲載されていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  8. 8

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  9. 9

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

  10. 10

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

もっと見る