華原朋美 活動休止前に出版したコンドーム付き写真集

公開日:  更新日:

<2006年3月>

 小室哲哉プロデュースでミリオンセラーを連発した華原朋美。小室との別れ話がこじれ、99年にはガス中毒で病院に搬送されるなどお騒がせも多かったが、その後、華原は小室の元を離れて活動再開する。

 だが、ヒット曲には恵まれず、バラエティーやドラマ出演など歌手以外の活動が増えていき、05年12月、デビュー10周年を迎えた華原(当時31)は写真集「Crystallize」(ワニブックス)を発売した。デビュー以前はグラビアアイドルとして活動、かねて「脱ぐ気はある」「需要があるなら見てもらいたい」と発言していた華原の初の写真集は出版前から注目を集めた。

 ヘアヌードは実現しなかったが、表紙は左手を水玉模様のショートパンツに差し込み、口を細く開いた華原が右手でバストを押さえる扇情的な手ブラショット。他にもスカートをたくし上げて野外放尿を思わせるポーズや、ミニスカートで四つん這いになり、腰を高く突き出したポーズなど多くのセミヌード写真が掲載されていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る