日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「料理バンザイ!」の滝田栄さん 精神修行と仏像制作の日々

 83年、NHKの大河ドラマ「徳川家康」で主役の家康を演じ、その後もドラマ、舞台、映画と幅広く活躍してきた滝田栄さん(63)。「料理バンザイ!」(テレビ朝日系)の司会を20年間務め、帝劇の舞台「レ・ミゼラブル」のジャン・バルジャン役を87年の初演から14年間演じた。しかし、最近は姿を見ない。今どうしているのか。

「ただただ役にのめり込んで演じ続けたジャン・バルジャン役を若い人に譲って欲しいといわれたのが50歳のとき。自分としてはすべてやり切ったという思いがしましてね。では、次に何をやるかと考え、つねづね勉強していた仏教、つまり“仏陀”に取り組もうと決めたんです。で、自分にとっての『レ・ミゼラブル』の最終公演に続き、『料理バンザイ!』の収録も終わった02年の2月、単身インドに渡り、結局、2年間、南インドのジャングルで座禅をして過ごすことになりました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事