家族はいまだ大反対 お嬢様芸人・たかまつななの“反骨心”

公開日:  更新日:

 腹が痛いとき、お嬢さまは「天使を身ごもりましたわ!」と言うらしい

 独特な「お嬢さま言葉ネタ」で、20歳ながら「R1ぐらんぷり2013」で準決勝進出。17日には「ごきげんよう」「アメトーーク!」という人気番組に出演し、ブレーク寸前だ。「お嬢さま」は“設定”ではない。曽祖父は東大名誉教授で元東京ガス社長・高松豊吉。中学・高校はフェリス女学院、現在は慶応大学総合政策学部に通う生粋のお嬢さまなのだ。どんなすごい家にお住まいなのかお尋ねすると…。

「すごい小さいですよ、10部屋しかないし」

 友人の中には、暖炉でマシュマロを焼いたり噴水がある家もあったという。「小さい頃、じいやと鬼ごっこして自宅の庭の滝で溺れた」と話す子もいたそうだ。幼稚園の頃から習い事漬けで休みは週1。自宅で見るのはNHKのニュースだけ。その影響で、最近まで共演する芸能人のほとんどを知らなかったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る