日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

家族はいまだ大反対 お嬢様芸人・たかまつななの“反骨心”

 腹が痛いとき、お嬢さまは「天使を身ごもりましたわ!」と言うらしい

 独特な「お嬢さま言葉ネタ」で、20歳ながら「R1ぐらんぷり2013」で準決勝進出。17日には「ごきげんよう」「アメトーーク!」という人気番組に出演し、ブレーク寸前だ。「お嬢さま」は“設定”ではない。曽祖父は東大名誉教授で元東京ガス社長・高松豊吉。中学・高校はフェリス女学院、現在は慶応大学総合政策学部に通う生粋のお嬢さまなのだ。どんなすごい家にお住まいなのかお尋ねすると…。

「すごい小さいですよ、10部屋しかないし」

 友人の中には、暖炉でマシュマロを焼いたり噴水がある家もあったという。「小さい頃、じいやと鬼ごっこして自宅の庭の滝で溺れた」と話す子もいたそうだ。幼稚園の頃から習い事漬けで休みは週1。自宅で見るのはNHKのニュースだけ。その影響で、最近まで共演する芸能人のほとんどを知らなかったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事