日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

しずる村上もデビュー 「小説家芸人」急増のウラに出版不況

 6日、お笑いコンビ「しずる」の村上純(33)が「短編小説集 青春箱」の刊行記念サイン会を開催。今作品が処女作となった村上は、「本当に自分で書きました?」と質問されると「誰が佐村河内(守)だよ! ゴーストじゃないです。これは僕のオリジナルですよ。営業妨害やめてもらえます?」とツッコミ。「僕は欲張りなので何でもしていこうと。今度は長編を書くかもしれないし、漫画を描くかもしれない」と次回作にも意欲を見せた。

 たいそうな自信だが、村上をはじめ、「小説家芸人」が急増中だ。もっとも、作品が映画やドラマになった劇団ひとり(37)、品川ヒロシ(41)など一部の「売れっ子作家」を除けば、その多くが話題にならないまま書店から姿を消す。それでも、なぜ今、小説を書く芸人が増えているのか。

「芸人にとっては、『実は○○』といったギャップのある要素が加わることでブレークするきっかけとなる。小説を出すことで『文才がある』『インテリ』という印象がつき、芸の幅や出演番組も広がる。そこそこ名前のある芸人なら『作家』という肩書がついて損はない」(芸能関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事