しずる村上もデビュー 「小説家芸人」急増のウラに出版不況

公開日:  更新日:

 6日、お笑いコンビ「しずる」の村上純(33)が「短編小説集 青春箱」の刊行記念サイン会を開催。今作品が処女作となった村上は、「本当に自分で書きました?」と質問されると「誰が佐村河内(守)だよ! ゴーストじゃないです。これは僕のオリジナルですよ。営業妨害やめてもらえます?」とツッコミ。「僕は欲張りなので何でもしていこうと。今度は長編を書くかもしれないし、漫画を描くかもしれない」と次回作にも意欲を見せた。

 たいそうな自信だが、村上をはじめ、「小説家芸人」が急増中だ。もっとも、作品が映画やドラマになった劇団ひとり(37)、品川ヒロシ(41)など一部の「売れっ子作家」を除けば、その多くが話題にならないまま書店から姿を消す。それでも、なぜ今、小説を書く芸人が増えているのか。

「芸人にとっては、『実は○○』といったギャップのある要素が加わることでブレークするきっかけとなる。小説を出すことで『文才がある』『インテリ』という印象がつき、芸の幅や出演番組も広がる。そこそこ名前のある芸人なら『作家』という肩書がついて損はない」(芸能関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る