• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

しずる村上もデビュー 「小説家芸人」急増のウラに出版不況

 6日、お笑いコンビ「しずる」の村上純(33)が「短編小説集 青春箱」の刊行記念サイン会を開催。今作品が処女作となった村上は、「本当に自分で書きました?」と質問されると「誰が佐村河内(守)だよ! ゴーストじゃないです。これは僕のオリジナルですよ。営業妨害やめてもらえます?」とツッコミ。「僕は欲張りなので何でもしていこうと。今度は長編を書くかもしれないし、漫画を描くかもしれない」と次回作にも意欲を見せた。

 たいそうな自信だが、村上をはじめ、「小説家芸人」が急増中だ。もっとも、作品が映画やドラマになった劇団ひとり(37)、品川ヒロシ(41)など一部の「売れっ子作家」を除けば、その多くが話題にならないまま書店から姿を消す。それでも、なぜ今、小説を書く芸人が増えているのか。

「芸人にとっては、『実は○○』といったギャップのある要素が加わることでブレークするきっかけとなる。小説を出すことで『文才がある』『インテリ』という印象がつき、芸の幅や出演番組も広がる。そこそこ名前のある芸人なら『作家』という肩書がついて損はない」(芸能関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  10. 10

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

もっと見る