しずる村上もデビュー 「小説家芸人」急増のウラに出版不況

公開日:  更新日:

 6日、お笑いコンビ「しずる」の村上純(33)が「短編小説集 青春箱」の刊行記念サイン会を開催。今作品が処女作となった村上は、「本当に自分で書きました?」と質問されると「誰が佐村河内(守)だよ! ゴーストじゃないです。これは僕のオリジナルですよ。営業妨害やめてもらえます?」とツッコミ。「僕は欲張りなので何でもしていこうと。今度は長編を書くかもしれないし、漫画を描くかもしれない」と次回作にも意欲を見せた。

 たいそうな自信だが、村上をはじめ、「小説家芸人」が急増中だ。もっとも、作品が映画やドラマになった劇団ひとり(37)、品川ヒロシ(41)など一部の「売れっ子作家」を除けば、その多くが話題にならないまま書店から姿を消す。それでも、なぜ今、小説を書く芸人が増えているのか。

「芸人にとっては、『実は○○』といったギャップのある要素が加わることでブレークするきっかけとなる。小説を出すことで『文才がある』『インテリ』という印象がつき、芸の幅や出演番組も広がる。そこそこ名前のある芸人なら『作家』という肩書がついて損はない」(芸能関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る