明治天皇の玄孫・竹田恒泰氏 「話題づくり」は“天賦の才”

公開日:  更新日:

“明治天皇の玄孫”で、歌手の華原朋美の“元恋人”竹田恒泰氏(38)がバラエティー番組中、美人弁護士に高級傘をプレゼントし、ネット上でも話題になっている。

「竹田氏は華原と2月に破局したと報じられたばかりですからね。ネット住民たちもさすがに〈この人は何がしたいのか?〉とあきれ気味ですが、深読みするだけ損だと思いますよ。そもそも華原との一件も話題づくりだったともっぱら。今回もたぶんそうで、要するに目立ちたがり屋なんでしょう」(制作スタッフ)

 竹田氏は右寄りの過激発言で物議を醸すこともしばしばで、芸能人の華原よりずっと目立ってしまっている。竹田氏の母校、慶応大関係者がこう言う。

「天然なのか計算なのか分かりませんが、少なくとも耳目を集める話題づくりについては昔から天賦の才がある。芸能人は見習った方がいいでしょうが、ま、竹田氏は一般人ですから。愛車がロールスロイスとテレビで公開するのもどうかと思うし、それにいちいち反応するのもいかがなものかと……」

 そりゃそうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る