• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

女子プロボクシングの旗手・風神ライカは格闘家で再出発

 女子プロボクシングの日本人世界王者は現在7人を数える。まさに黄金時代を迎えているが、この人がいなかったら、今の女子ボクシングの隆盛はなかったかもしれない。日本人女子プロボクサーのパイオニア的な存在で、3階級の世界タイトルを獲得した風神ライカさんだ。児童養護施設で育ったことが話題になり、ライカさんを取り上げたドキュメンタリー番組やテレビドラマが放映された。しかし、最近は名前を聞かない。今どうしているのか。

「去年8月、韓国であった女子世界スーパーフェザー級暫定王座決定戦で負けた後、所属ジムから引退勧告を受けましてね。年齢や身体的なダメージを考えてくれての勧告だったんでしょうが、ワタシとしてはやめるつもりは毛頭なかったし、何より自分の人生は自分で決めたかった。だから、“続けたい”“ダメだ”とジム側と随分やりとりしましたよ。でも、よくよく考えたら、ワタシが一番求めてるのは、自分が生きてるって実感を得ること。その手段はボクシングじゃなくてもいいわけで、ならば闘う土俵を変えて、もう一回チャレンジしようと決めたんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る