日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

元天才子役・水野哲さん ラーメン店経てカムバックの軌跡

 今ならば芦田愛菜チャンや鈴木福クンか。“名子役”“天才子役”と呼ばれるチビッコである。今回登場の水野哲さん(49)もかつて、そんな称賛を一身に浴びた。3歳から16歳までテレビや舞台に出ずっぱりだった。しかし、最近はまったく名前を聞かない。今どうしているのか。

「顔を完全に忘れてもらうのに10年かかりましたね。その間、テレビや舞台にまったく出てなかったんだけど、地下鉄に乗ったり、居酒屋で飲んだりしてると、“おや?”って視線をよく感じてました。それが結構うっとうしくて」

 地下鉄築地駅に近いホテルの喫茶室で会った水野さん、こう言って苦笑した。

「その“おや?”の意味は仕事が減ったから出番がないんだろうなあ、であり、今は何で食ってるの、って好奇心だったんでしょうね。でも、正真正銘、ボクは自分の意思で俳優をやめたんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事