元天才子役・水野哲さん ラーメン店経てカムバックの軌跡

公開日: 更新日:

 今ならば芦田愛菜チャンや鈴木福クンか。“名子役”“天才子役”と呼ばれるチビッコである。今回登場の水野哲さん(49)もかつて、そんな称賛を一身に浴びた。3歳から16歳までテレビや舞台に出ずっぱりだった。しかし、最近はまったく名前を聞かない。今どうしているのか。

「顔を完全に忘れてもらうのに10年かかりましたね。その間、テレビや舞台にまったく出てなかったんだけど、地下鉄に乗ったり、居酒屋で飲んだりしてると、“おや?”って視線をよく感じてました。それが結構うっとうしくて」

 地下鉄築地駅に近いホテルの喫茶室で会った水野さん、こう言って苦笑した。

「その“おや?”の意味は仕事が減ったから出番がないんだろうなあ、であり、今は何で食ってるの、って好奇心だったんでしょうね。でも、正真正銘、ボクは自分の意思で俳優をやめたんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  3. 3

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  4. 4

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  5. 5

    GoTo予算1兆円は“死に金” それでも菅首相が撤回しない理由

  6. 6

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  7. 7

    東京五輪ゴリ押し開催は金のため…菅総理には中止こそ悪夢

  8. 8

    邪な思惑があるとしか思えない菅首相の東京五輪への固執

  9. 9

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

  10. 10

    SMAP独立騒動舞台裏…メリー氏は文春誌上で独自理論を展開

もっと見る