小保方「コピペ問題」が飛び火 早大総長選に大波乱の兆し

公開日: 更新日:

「もう一度、STAP論文について聞き取り調査したい」という理化学研究所からの打診を「質問は書面で」――と拒絶した小保方晴子ユニットリーダー(30)。自分から「再調査」を要請したくせに、ホント、勝手なものだ。

 小保方さんは「STAP論文」だけでなく、博士論文でも不正が疑われている。早稲田の大学院生の時に執筆した博士論文は、100ページのうち20ページがコピペだった。学生時代から不正に手を染めていたらしい。なんと小保方問題が、母校・早稲田の総長選に飛び火する可能性が囁かれている。

「今年は4年に1度の総長選が行われる年。無風だと思われていたが、小保方問題が影響する可能性が出ています」(早大関係者)

 早大の広報部によると、すでに候補者の届け出は締め切り、連休後から総長選がスタートし、6月に投票が行われる。「誰が候補者かは、まだ明らかにしていません」とのこと。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    NHK視聴率快挙は“Wリョウ”次第?朝ドラの成田、大河の吉沢

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る