日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

歌舞伎町ホストが絶賛 山路徹はやっぱり「不倫が分かる男」

「さすが山路さん、よく分かってるよね」
 東京・歌舞伎町のナンバーホスト(売り上げ上位のホスト)がミョーに感心していた。

 3年半経っても「二股不倫騒動」が付いて回るジャーナリストの山路徹氏(52)が2日放送のテレビ番組で、不倫OKな女の見抜き方について、こう言ってみせた。

「責任感が強くて、自立していて、なかなか他人に弱音を吐けないような人が、ちょっとしたきっかけでバーッと走っていっちゃう」

 何となくだが、山路氏の元妻でタレントの大桃美代子(49)と麻木久仁子(51)をイメージしてしまうが、前出のホストに言わせると、ポイントは「プライドが高い女」ということらしい。

「不倫は、いつか別れることが大前提。ホストと客の関係と似てる。重要なのは、引っ張れるだけ引っ張って、いかに揉めずに切れるか。付き合うより別れる方が難しいからね。その点、プライドが高い女ほど、泣いてすがってなんてみっともない真似ができない。要するに、切りやすい女というわけ。それが男にとって都合のいい不倫OKな女ってことでしょ。さすが山路さん、よく分かってるよね」

 確かに、責任感に乏しく、自立できず、すぐに弱音を吐くようなプライドの低い女が、別れ話をスンナリ聞き入れるとは思えない。いかにも刃傷沙汰になりそうだ。つまり、不倫NGの女というわけ。さすが山路さん、よく分かってる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事