遠野なぎこはわずか55日…スピード離婚する女の共通点

公開日: 更新日:

 わずか55日で離婚した女優の遠野なぎこ(34)は、5月5日に元プロボクサーでバー経営の男性(39)と再婚し、摂食障害がピタッと収まったと喜んでいたが、先月10日付のブログで再発したことを明かしていた。

「2週間ほど前には、ダンナさんの店でふたり仲良さげにしていたんですが……」(関係者)

 いろいろあるんだろうが、そんなにすぐに離婚を決めなくても、しばらく冷却期間を置くという選択もあったんじゃないか。普通はそう思うが、「摂食障害の人にはオール・オア・ナッシングの極端な考え方をするタイプが多い」(精神科医)という。

 大人の恋愛事情に詳しい作家の亀山早苗氏もこう言う。
「スピード離婚する女性にはいくつかタイプがありますが、そのひとつが恋愛経験が多く、恋愛期間が短いタイプ。突然、<この人は今までの男性と違う>と強く思い込んで“神聖化”し、出会ってすぐに結婚に突っ走ります。周囲から見ると、過去の男性と何が違うのかまったく理解できないんですが、本人はお構いなし。そして突然、目が覚めて離婚してしまう。精神が不安定な女性が比較的多いですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  8. 8

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  9. 9

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  10. 10

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

もっと見る