夏目三久アナ「あさチャン!」不振でみのもんた再登板も!?

公開日: 更新日:

 TBSの「あさチャン!」がサッパリだ。「朝ズバッ!」のリニューアルから3カ月。元日本テレビアナウンサーの夏目三久(29)と明大教授の斎藤孝氏(53)の初タッグが注目されたが、視聴者のウケは悪い。フジ、日テレ、テレ朝の背中を追う日々だ。

 コラムニストの桧山珠美氏が言う。

「朝ズバッを見ていた視聴者は、しっかりニュースを報じないあさチャンが物足りないのです。いろいろと問題はあっても、時事問題にハッキリとモノ申すみのもんたに共感していた。怒りを交えながら、コメンテーターと意見を交わす姿も楽しんでいたのです。“謹慎中”に代役を務めたTBSの井上貴博アナも“ミニみのもんた”となって頑張っていました。それだけに惜しい。井上アナが脇に戻った今、毒にも薬にもならない番組になってしまった感じです」

 もちろんニュースは扱っているし、朝刊チェックもやる。1日の放送は集団的自衛権の問題に時間を割き、国会周辺の反対デモの様子も伝えていた。一方でエンタメ情報や街ネタ、グルメネタも目立つ。この日も人気スイーツの店を紹介していた。硬派な姿勢を貫けず、ソフト路線に色気たっぷりなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  5. 5

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    コロナは強かった!女性16人全員がノーマスクで感染

  9. 8

    巨人快進撃で宙に浮く“ポスト原”阿部禅譲の既定路線が混沌

  10. 9

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  11. 10

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

もっと見る