夏目三久アナ「あさチャン!」不振でみのもんた再登板も!?

公開日: 更新日:

 TBSの「あさチャン!」がサッパリだ。「朝ズバッ!」のリニューアルから3カ月。元日本テレビアナウンサーの夏目三久(29)と明大教授の斎藤孝氏(53)の初タッグが注目されたが、視聴者のウケは悪い。フジ、日テレ、テレ朝の背中を追う日々だ。

 コラムニストの桧山珠美氏が言う。

「朝ズバッを見ていた視聴者は、しっかりニュースを報じないあさチャンが物足りないのです。いろいろと問題はあっても、時事問題にハッキリとモノ申すみのもんたに共感していた。怒りを交えながら、コメンテーターと意見を交わす姿も楽しんでいたのです。“謹慎中”に代役を務めたTBSの井上貴博アナも“ミニみのもんた”となって頑張っていました。それだけに惜しい。井上アナが脇に戻った今、毒にも薬にもならない番組になってしまった感じです」

 もちろんニュースは扱っているし、朝刊チェックもやる。1日の放送は集団的自衛権の問題に時間を割き、国会周辺の反対デモの様子も伝えていた。一方でエンタメ情報や街ネタ、グルメネタも目立つ。この日も人気スイーツの店を紹介していた。硬派な姿勢を貫けず、ソフト路線に色気たっぷりなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  4. 4

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

  7. 7

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  8. 8

    大谷が驚異のパワー増でMLB「抜き打ち検査」の標的に…!

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

もっと見る