家族連れで大盛況 小島よしおが今も子供に大人気のワケ

公開日:  更新日:

 10日、「小島よしお的おゆうぎ会~smile~」が開催された。9日と2日間で3公演が行われ、幼児や小学生を中心とした家族連れで大盛況。小島よしお(33)はお約束のギャグはもちろん、教育的要素の入った寸劇や体操を披露した。途中、舞台裏で準備していた風船が突然割れるというハプニングも。破裂音に驚いた小島は「撃たれたかと思った……。こんな格好で死にたくない」とおなじみの海パン姿で怯えていた。

 小島自身が「都内で一番ベビーカーが並ぶライブ」と公言する通り、昨年7月も親子連れで満席だったこのイベント。小島の子供人気は健在で、今年6月にはディズニーが運営するアニメ専門チャンネル「ディズニーXD」のイメージキャラクターに就任した。

「そんなの関係ねぇ!」「おっぱっぴー」などのギャグでブレークし、07年の「流行語大賞」にもノミネートされた典型的な“一発屋”。全国ネットのレギュラー番組はNHK(Eテレ)の「短歌de胸キュン」だけにもかかわらず、ここまで子供からの支持が根強いのはなぜか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る