家族連れで大盛況 小島よしおが今も子供に大人気のワケ

公開日: 更新日:

 10日、「小島よしお的おゆうぎ会~smile~」が開催された。9日と2日間で3公演が行われ、幼児や小学生を中心とした家族連れで大盛況。小島よしお(33)はお約束のギャグはもちろん、教育的要素の入った寸劇や体操を披露した。途中、舞台裏で準備していた風船が突然割れるというハプニングも。破裂音に驚いた小島は「撃たれたかと思った……。こんな格好で死にたくない」とおなじみの海パン姿で怯えていた。

 小島自身が「都内で一番ベビーカーが並ぶライブ」と公言する通り、昨年7月も親子連れで満席だったこのイベント。小島の子供人気は健在で、今年6月にはディズニーが運営するアニメ専門チャンネル「ディズニーXD」のイメージキャラクターに就任した。

「そんなの関係ねぇ!」「おっぱっぴー」などのギャグでブレークし、07年の「流行語大賞」にもノミネートされた典型的な“一発屋”。全国ネットのレギュラー番組はNHK(Eテレ)の「短歌de胸キュン」だけにもかかわらず、ここまで子供からの支持が根強いのはなぜか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る