小島よしおが「僕にとって“海猿”」と感謝する先輩芸人は…

公開日:  更新日:

「いきなり!黄金伝説。」(テレビ朝日系)でトレードマークの水着姿を寒さに負けず披露し続け、2週にわたって、お茶の間の笑いを誘った芸人の小島よしお(33)。「そんなの関係ねぇ!」で一世を風靡(ふうび)した頃から、常に“一発屋候補”と言われ続けた。そんな小島の“恩人”は意外な先輩芸人で――。

「芸能界で溺れた時にいつも助けてくれた、僕にとっての“海猿”は品川庄司の品川祐(41)さん。マネジャーがいつも『品川さんがいなかったら、絶対にやばかった』って言うほどなんです」

 デビュー間もない頃からテレビ番組で一緒になると、他の芸人仲間と一緒の食事に誘ってくれ、反省会のようなものに参加できた。

「品川さんは、ものすごくハッキリとズバズバ言う人。僕が収録であまりしゃべれなかったりした時には、みんなの前で“あれ、おまえ、収録来てたっけ?”なんて言う。そう言われて、このままじゃまずい、次は何とか出演した爪痕だけでも残そうって頑張ってきた。それだけじゃなくて、僕が収録中にスベっても、品川さんはそれに面白いリアクションを入れてくれるから、それが編集でカットされずにオンエアされたりすることがたくさんあった。それに、僕が出演してない時でも、品川さんが番組で僕のことを面白おかしく紹介してくれたりもした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

もっと見る