24時間テレビ司会をつかんだ 日テレ水卜アナの「営業力」

公開日: 更新日:

「当時人気を博していた西尾由佳理アナです。でも彼女はすでに退社の意志が固くノー。西尾に代わる人材は見当たらず、イチかバチかで水トの起用に決まったと聞いています。局内の飲み会に積極的に顔を出すタイプで、誰とでも親しくしゃべれる。それで関係者の目に留まった。本人にしてみれば、営業している気なんてさらさらなかったのでしょうが、宴会での様子が“使ってみたい”と思わせたらしい。多くの人に親しまれる売れっ子アナウンサーの素質を持っていたわけです」(日テレ関係者)

 棚からぼた餅でゲットした初のレギュラー帯番組。そこでも幸運に恵まれた。彼女の売りは色気より食い気で大きな口を開き、おいしそうに食べ物をパクつく“食レポ”。このコーナーが生まれたのも偶然の産物だという。

「本来はタレントのいとうあさこがやるはずだったが、ほかに仕事があり、ロケに参加できず、ピンチヒッターで水トになった。その時に駆り出された百貨店の物産展ロケが見事にハマったのです」(前出の日テレ関係者)

 美形のアイドルアナが全盛だったテレビ界も大きく変わりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  2. 2

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  3. 3

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  4. 4

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  5. 5

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  6. 6

    市場が警戒…参院選後の日本を超円高と株価暴落が襲う

  7. 7

    ハンディ乗り越え…深田恭子「ルパンの娘」に大化けの予感

  8. 8

    大船渡は甲子園へ佐々木どう起用 元横浜高の名参謀が語る

  9. 9

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  10. 10

    敗れた阿炎も術中に?横綱白鵬は“ぬるぬる胸”が隠れた武器

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る