日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

TOKIO城島が24時間マラソンランナーに選ばれたワケ

「24時間テレビ」(日本テレビ系)の名物であるチャリティーマラソン。今年は齢43、「TOKIO」のリーダーこと城島茂がランナーを務めることは発表済みだ。起用理由は至ってシンプルで、「『ザ!鉄腕!DASH!!』での功績につきる。20年近く続く長寿番組で、お年寄りや子供からの支持率が圧倒的に高い。知名度、好感度ともに“24時間”にはうってつけの人材」(日テレ関係者)だそうな。

 ジャニーズ事務所のタレントとしては97年の山口達也(当時25)、翌98年の森田剛(同19)以来3人目。ともあれ15年以上前の話であり、久しぶりにジャニーズのタレントに「大役」のお鉢が回ってきたことになるが――。

「当時は山口も森田も人気絶頂のアイドル。彼らの走る姿をひと目見ようと現場にはファンが殺到し、車道も歩道も観客があふれ返った。規制がきかなくなる事態に見舞われることもしばしばで、警察からは“ジャニタレランナーNG”のお達しが出たほど。で、しばらく出演を控えていたのですが、今回はいい具合に枯れてきたリーダーだから熱狂的なファンが押し寄せる事態もなさそうだし、前例は当てはまらないはず。実際、野外練習が行われた時もファンの女性たちは遠巻きに手を振りながら、応援の声をかけるぐらいで驚くほど静かなものでした(苦笑い)」(前出の日テレ関係者)

 今月30日の本番も心穏やかに走りに集中できるはず。現役アイドルとしては複雑な心境だろうが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事