電通マンと“週5同棲” テレ朝・竹内アナ「寿退社」Xデー

公開日: 更新日:

 週5日の同棲生活がキャッチされた。

 発売中の「フライデー」がスクープしたのは、テレビ朝日きっての人気アナウンサー、竹内由恵(28)が彼氏の自宅に通いつめる姿。相手は同い年のイケメン電通マン。交際はもう半年以上だという。

 竹内アナは入社1年目に「ミュージックステーション」の8代目サブ司会に抜擢されると、「熱闘甲子園」などのスポーツ番組を担当し、今年はソチ五輪の現地キャスターを務めた同局のエースアナ。レギュラー番組は「やべっちF.C.」など3本。現在は、開催中の「パンパシ水泳」中継のためオーストラリアへ出張中だ。

「売れっ子」だけに恋のウワサも絶えず、昨年9月には元競泳日本代表・萩原智子(34)の夫のテレ朝ディレクターとの“岩盤浴不倫密会”が、今年1月には巨人片岡治大(31)との熱愛が一部で報じられた。片岡は遊び人として有名で、昨年はフジテレビ加藤綾子アナ(29)との関係も囁かれていた女子アナキラー。結局、片岡とは半年足らずで破局。精神的に相当こたえたようで、「もう二度とスポーツ選手とは付き合いたくない!」と宣言していたという。それだけに、電通マンの彼と週5日の半同棲ともなれば、当然ながら結婚も視野に入っているはずだが…。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  7. 7

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  8. 8

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  9. 9

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  10. 10

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

もっと見る