高橋真麻がトップ!? フリーアナ「潜在視聴率」ベスト20

公開日:  更新日:

 日刊ゲンダイが入手したテレビ業界の内部資料(別表参照)によると、今年、フリーの女子アナで最も「潜在視聴率」が高い、つまり、個人の人気で数字を引っ張れるのは、昨年3月末にフジテレビを退社した高橋真麻(32)だ。

「ご存じの通り俳優・高橋英樹のひとり娘で、出演するのもバラエティー色が濃い番組ばかりですが、東京女子大卒の才媛でもある。目端が利くというか、芸能記者を取り込むのがうまくて、顔見知りの記者にこっそり小ネタを流してやったりするんです。どうしたって高橋の記事は好意的になるでしょう。それが人気につながっている」(スポーツ紙記者)

 2位の夏目三久(29=元日本テレビ)は、4月から司会を務めるTBS系の朝の情報番組「あさチャン!」がパッとしない。

「番組自体に新味がないせいもありますが、そもそも夏目は夜の番組で復活しただけあって、支持層は夜の視聴者。おっとりした夏目のキャラは、朝の雰囲気に合わないという声もあります」(制作スタッフ)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    安室奈美恵と樹木希林…残す言葉から“去り際”を研究する

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    マンション価格は2019年10月の消費増税を機に暴落する

  9. 9

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  10. 10

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

もっと見る