高橋真麻がトップ!? フリーアナ「潜在視聴率」ベスト20

公開日: 更新日:

 日刊ゲンダイが入手したテレビ業界の内部資料(別表参照)によると、今年、フリーの女子アナで最も「潜在視聴率」が高い、つまり、個人の人気で数字を引っ張れるのは、昨年3月末にフジテレビを退社した高橋真麻(32)だ。

「ご存じの通り俳優・高橋英樹のひとり娘で、出演するのもバラエティー色が濃い番組ばかりですが、東京女子大卒の才媛でもある。目端が利くというか、芸能記者を取り込むのがうまくて、顔見知りの記者にこっそり小ネタを流してやったりするんです。どうしたって高橋の記事は好意的になるでしょう。それが人気につながっている」(スポーツ紙記者)

 2位の夏目三久(29=元日本テレビ)は、4月から司会を務めるTBS系の朝の情報番組「あさチャン!」がパッとしない。

「番組自体に新味がないせいもありますが、そもそも夏目は夜の番組で復活しただけあって、支持層は夜の視聴者。おっとりした夏目のキャラは、朝の雰囲気に合わないという声もあります」(制作スタッフ)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  3. 3

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  4. 4

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  5. 5

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  6. 6

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  7. 7

    「衆参ダブル論」は安倍首相とその周辺の思考混乱の表れ

  8. 8

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  9. 9

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る