京都でも初開催 秋はシネコンより「国内映画祭」が面白い

公開日:  更新日:

 映画界は夏休み興行が一段落したが、これからの話題は目白押しの国内映画祭に移る。東京はもちろん地方でも多く、大きな映画祭、個性的な映画祭を紹介する。

 日本で最も大きな映画祭といえば、東京国際映画祭。今年は第27回で、10月23日から31日までの予定。今回は会場が増える。従来の六本木ヒルズばかりではなく、新シネコンができた日本橋や東銀座の歌舞伎座でも開催される。オープニング作品はディズニーの新作CGアニメ「ベイマックス」。クロージング作品は往年のカルトコミックを実写映画化する「寄生獣」で、ともに期待の大作だ。歌舞伎座ではチャプリンの「街の灯」が上映される。「ヱヴァンゲリヲン」で知られる庵野秀明監督の約50作品にも及ぶ上映も注目したい。

「東京~」に対抗して今年からスタートするのが「京都国際映画祭」だ。10月16日から19日まで京都のよしもと祇園花月などで開催される。各映画の上映に加え、いわゆるアート色を前面に出すのが特徴である。京都が世界に誇る伝統工芸やパラパラ漫画の世界展など、日本の「アート」を世界に発信する。往年の大スター、三船敏郎の名を冠した映画賞「三船敏郎賞」も創設して、世界を舞台に活躍する俳優を選出する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る