「もうやりたくない」園子温監督が“映画界の汚い事情”に不満

公開日:  更新日:

「映画なんて汚い世界」

 そう言い放ったのは、園子温監督(52)。2日、新宿・歌舞伎町の「ロボットレストラン」で映画「TOKYO TRIBE」の公開記念イベントを行い、「映画はもうやりたくない」と告白した。

「1年くらい毎日思ってる。今日も脚本を書くし映画の編集もするし、毎日途切れなくやっているから思っているのかもしれない。飽きた、飽きたって言いながらも、今年はあと2、3本は作る予定がある。“映画地獄でなぜ悪い”……まあ、悪いんだけど、飽きた」と悩みを打ち明けた。

 さらに「役者がワガママ言ってきたり、『園監督、好き!』とか言ってくるけど、絶対好きじゃないだろってヤツいたり。小説の世界にはそういうのは出てこない。(芸能界にある)“裏の取引”とかないし。小説とか音楽の方が表現として純粋。映画なんて汚い世界なんだよ、カネばっかりで」と、芸能プロの力関係がキャスティングを左右してしまうことへの不満をぶちまけた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る