「もうやりたくない」園子温監督が“映画界の汚い事情”に不満

公開日:  更新日:

「映画なんて汚い世界」

 そう言い放ったのは、園子温監督(52)。2日、新宿・歌舞伎町の「ロボットレストラン」で映画「TOKYO TRIBE」の公開記念イベントを行い、「映画はもうやりたくない」と告白した。

「1年くらい毎日思ってる。今日も脚本を書くし映画の編集もするし、毎日途切れなくやっているから思っているのかもしれない。飽きた、飽きたって言いながらも、今年はあと2、3本は作る予定がある。“映画地獄でなぜ悪い”……まあ、悪いんだけど、飽きた」と悩みを打ち明けた。

 さらに「役者がワガママ言ってきたり、『園監督、好き!』とか言ってくるけど、絶対好きじゃないだろってヤツいたり。小説の世界にはそういうのは出てこない。(芸能界にある)“裏の取引”とかないし。小説とか音楽の方が表現として純粋。映画なんて汚い世界なんだよ、カネばっかりで」と、芸能プロの力関係がキャスティングを左右してしまうことへの不満をぶちまけた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る